朝の時間に勉強するのはなぜ良いのか

期せずして早起きしてしまったので、ホテルの部屋からみえる個人的な初日の出をパチリ。 #cesjp

朝型生活

朝型・夜型生活って分類ありますよね。

僕は朝型推進派ですけど、
なんとなく朝が頭がはたらくなーとか、
朝は誰にも邪魔されず集中できるからとか、
感覚的に実行してただけで、ちゃんと調べたことがないと気づきました。

ということで、ちょっと調べてみました。

1.トロント大学の研究結果

2012年のトロント大学の調査では、

    1. 朝型人間のほうがポジティブな人が多いこと
    2. 若者には朝型が少ないこと
    3. 従って高齢者グループのほうがポジティブな人が多いこと

ということが示されたようです。

この理由は、ソーシャル・ジェット・ラグ(社会的時差ボケ)。

これは、「体内時計」と「社会的時計」のズレということで、
社会(学校や会社など)が朝から夕方までの生活が普通であるため、
ズレが生じるといういうことらしいです。

社会的に朝型か夜型か決まることが多いという説ですね。

2.セロトニンの分泌量

セロトニンの分泌量で、朝型か夜型か決まるという話もありました。

先天的に睡眠物質であるセロトニン量が多いと朝型、少ないと夜型のようです。
人間の遺伝的な理由によっても、朝型か夜型かが決まることもあるということですね。

ちなみに、この説で言うと、夜型の方が睡眠時間の調整ができやすいようです。
(朝型の人は、残業などで寝る時間が遅くなると、次の日つらいとか・・・)

3.人間の脳のルール

「人間の脳は、目覚めてから2~3時間後が最も冴える(働きがよくなる)」
という話はよく聞きます。

学校は朝からですし、仕事もたいていは朝の始業なので、
それに合わせるとしたら、出勤ギリギリに起きてたら、
午前中は脳が働いていない状態になる、ということですねー。

生理的な理由だと、朝型優勢のようです。

結論、、、

やっぱり3の影響でしょうかね、
朝型も夜型もやってみましたが、僕は朝型の方がしっくりきます。

セロトニン量も少なかったりするのかも。

今は会社勤めなので、その方が社会的にも合ってるし、
このまま朝型生活を続けることにします。

では、また!

 

期せずして早起きしてしまったので、ホテルの部屋からみえる個人的な初日の出をパチリ。 #cesjp

シェアお願いします!