知ってそうで知らない違い「オシャレ」と「身だしなみ」、「マナー」と「エチケット」

知ってそうだけど、よくよく考えるとよくわからない、そんな言葉ってたくさんあります。例えば、「オシャレ」と「身だしなみ」や、「マナー」と「エチケット」などなど。最近学んだのでシェアします。こんにちは、164(@next164)です。

「オシャレ」と「身だしなみ」

まずは辞書的な定義から。

お‐しゃれ【御洒落】
服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。

via: おしゃれ – 辞書すべて – goo辞書

み‐だしなみ【身嗜み】
人に不快感を与えないように、言動や服装を整えること。また、その心掛け。

via: 身だしなみ – 辞書すべて – goo辞書

ほぼ同じように見えますが、「オシャレ」は自分視点で、「身だしなみ」は他人視点というところがポイントです。

よく言うTPO(時・場所・場合)に合わせて、というのは、「身だしなみ」のことなんですねー。

「マナー」と「エチケット」

マナー【manner】
態度。礼儀。礼儀作法。

via: マナー – 辞書すべて – goo辞書

エチケット【étiquette(フランス語)】
礼儀作法。社会で守るべきとされている言語、動作、態度のきまり。

via: エチケット – 辞書すべて – goo辞書

どちらも礼儀作法ということですが、「マナー」は自分の態度・振る舞い、「エチケット」はきまり・約束事というところがポイントです。

例えば、タバコを禁煙場所で吸わないのはエチケットで、吸ってもよい場所でも子どもがいたらタバコを吸わないのがマナーということです。

こういう言葉の正しい使い方って興味あるので、引き続き勉強していこうと思います!

では、また!