実践すればポジティブになれる13の方法(+α)の読書メモのメモ

ポジティブ心理学について「ハーバードの人生を変える授業」の内容を簡潔にまとめてくれているWebサイトがあったのでそっからメモ。この13の方法(もっと沢山あるが)を実践できればポジティブになれる!?こんにちは、164(@next164)です。

ポジティブになれる13の方法

Webサイト「ポジティブ心理学から学ぶ、実践すると幸せになる13の方法 – 参考にならない感想」に読書メモとしてまとめられていた13の方法は以下のとおり。

分かりやすくて、感謝!です。

  1. 感謝する
  2. 行動を習慣化する
  3. 運動をする
  4. 学び続ける
  5. 行動の意義を見出す
  6. 瞑想する
  7. 困難から学ぶ
  8. 失敗から学ぶ
  9. 価値ある行動をする
  10. 一貫性をもつ
  11. 良い所を探す
  12. わからないことを受け入れる
  13. 自分の可能性を信じる

「運動をする」

これは最近、というか数年、全くできてないですが(いやまあ、ゴルフを運動というならばそれはたまにやってますが、)大事だよなーと思います。身体がたるんできたらセルフイメージも下がるので、ポジティブになりづらいですもんね。

「瞑想する」

瞑想ももっと定期的にやる習慣をつけたいと思います。最近はスマホのアプリで瞑想をサポートしてくれるものもあるので便利ですね。

ちなみに、「雲堂」というアプリです。

「良い所を探す」

これあまり得意じゃないんですよね。。。大事だとは思っているので、自然とできるようになるまでは、意識して行っていかないといけないなーと考えています。

「可能性を信じる」

良い言葉です。良い考え方です。まさにその通りだと思うし、これを常に考え続けていさえすれば、かなりポジティブになれるくらい強力な方法だと思っています。

その他の方法

Webサイトの読書メモでは「13この方法でもまだ一部」と書かれてあったので、Amazonで見てみたら、なか見!検索ができたので目次とかを読んでみました。

前述の13の方法の他にも、どんな方法か詳しく知りたい!と思うものが沢山ありました。

例えば、

  1. すべてをシンプルにする
  2. 完璧主義を手放す
  3. 安全圏から出る
  4. 感情を味わう
  5. 期待をコントロールする
  6. 本来の自分にもどる
  7. 「ありがたい敵」をつくる

などなど。

こういう内容だろうなーと想像がつくものもありますが、「期待をコントロールする」とか「本来の自分にもどる」とかは特に詳細知りたいです。

読書メモのおかげで興味を持てたので、本もちゃんと読んでみたいと思います。

ハーバードの人生を変える授業
4479793054

では、また!

シェアお願いします!