狙うは米国進出!「不満買取センター」というマーティングに役立つサービスみつけた

おもしろいサービスを見つけました。「不満買取センター」です。消費者からいろんな不満の声をあつめ、それを企業に売るサービスです。普通は自社でやるお客様の声集めを代行して、分析して、まとめてくれるってことですね。

不満買取センターって何?

この「不満買取センター」という奇妙な名前のサービスは、エン・ジャパンという会社が買収し子会社化した株式会社不満買取センターという会社のサービスです。

名前がキャッチーなので、いろんなメディアでも取り上げられているみたいです。「ふーまん」というキャラもいました。笑

Mini1434853077

Webサイト → 不満買取センター

2012年7月にサービス開始していますが、2015年春にサービスリニューアルをしたようで、その記事をみて僕は初めて知りました。

不満を1件10円であつめ、冊子にして企業に数千円で販売するという方法から、Web上で集め、提供するという方法に変えたみたいですね。月間10万件の不満データを集計・分析して企業に提供しているそうです。

不満の声を集めるだけでなく、データサイエンティストが社内にいて、集まった声を分析して提供することを特徴として打ち出したりしています。

不満買取センターの商品

Webサイトを見る限り、メインのサービスは以下の3つでした。

  1. 不満Analytics
  2. 不満調査レポート
  3. 不満の個別収集

1つめの「不満Analytics」は、集めたデータをもとにしたトレンド分析、原因分析、クロス集計などですね。新規事業の市場調査や競合調査などに使えそうです。

Mini1434853768

2つめの「不満調査レポート」は、業界や製品別などの調査レポートを提供してくれるサービス。自社サービスの改善点を見つけるために使えそうですね。パッと見た感じ、業界によって価格が異なってました。データ量なのかもしれないけど。

Mini1434853787

3つめは「不満の個別収集」です。不満の声のデータをローデータとしてカスタマイズして提供してもらえるというサービスですかね。買う側に明確な知りたいことがある場合はかなりイイと思いました。

Mini1434853808

機会があれば使ってみようかなー。

不満買取センターの今後

日本で商売をしてデータがたまってきたら、マーティングリサーチの市場が大きい米国市場に、日本の不満いろいろあります的な武器を持って出て行く計画があるみたいです。おもしろいですねー。

今後、ビッグデータの収集やその分析からの戦略構築など含めたマーティングがますます重要な世の中になってきていると思うので、不満買取センターのようなサービスはおもしろいなーと思いました。引き続き注目しておこうと思います。

では、また!