ビジネスクラウドソーシング「ビザスク(visasQ)」がステキ

ビザスク(visasQ)というおもしろいサービスを最近知りました。業務委託でもなく、顧問契約でもなく、必要なときに、必要な分野のスペシャリストからアドバイスがもらえるサービスです。こんにちは、164(@next164)です。

ビザスクというおもしろいサービス

ビザスク(visasQ)というサービスは、一言で言うと「ビジネス知識のクラウドソーシング」です。

ビザスク – your advisory board

相談したい案件を依頼者が登録すると、様々な分野で知識を持つアドバイザーが、それに答えるというもの。具体的にはマッチングが完了したら、そのアドバイザーから対面や電話やSkypeでスポットコンサルティングを受けるというものです。

「へー、こういうサービスももうあるんだなー。便利そうだ。」というのが感想です。色んなクラウドソーシングはすでにありましたが、この分野も確かにニーズはあるだろうなーと思いました。海外とかではすでに同様のサービスもあるらしいです。

ビザスク(visasQ)の詳しい説明は動画になってたのでどうぞ。

新規事業立案時のマーケティングリサーチで使えるかなーと思ったりしました。調べてみると海外進出時の現地情報の収集などにも使われているようです。

一般的な情報じゃなくて、実際に経験した個人から生の声を聞けるってのがいいですね。従来はそれを人脈に頼らざるを得なかったものが、こういうプラットフォームができてるお陰で、必要な人に出会いやすくなってるところが良いところだなーと。

最近追加された、アドバイザー指名機能

最近、アドバイザー指名機能ってのが追加されたみたいです。目的は不明ですが、想像するに、依頼者が相談した案件にイメージと違うアドバイザーからの応募しか来ない!という問題があったとか、アドバイザーがなかなか応募しないので指名されることによりマッチングを促進させたいという課題があったとか、そんなことなのかなと思ったりしました。

でも指名できた方が、依頼者としては安心なので、機能としては良いと思います。が、アドバイザーによって指名の偏りがかなり出そうなので、アドバイザー側のケアが大事になってきたりもするのかな、と思ったり。

今後どうなっていくか楽しみなサービスです。

・・・

ちなみに、

運営会社はwalkntalk。代表は面白い経歴の超エリート、端羽英子氏。インタビュー記事を読むとすげーなーと思いました。

参考:ダメ出しもプレッシャーも、全てが私の力になる (@IT) – Yahoo!ニュース

今度使ってみようかな。

では、また!