人生はマラソンだ。いや、違う!のリクルートCMにツッコミいれてみた【書き起こし有】

3e37db9ee3c3b1d556dbdc42fbc6b335.png

リクルートのCMが最近話題です。すばらしい!と。人生はマラソンだ!というよく言われる例えをモチーフに、すこしトリッキーな演出を加え、新サービスであるリクルートポイントについて表現しています。最初いいなーと思ったんですけど、よくよく考えたら、このCMについていろいろ思うことがあったので書いてみました。こんにちは、164(@next164)です。

「すべての人生が、すばらしい。」リクルートポイントCM

人生をマラソンに例えたリクルートのCMですが、正式タイトルは「すべての人生が、すばらしい。」みたいです。CM最後のセリフ(メッセージ)がそのままタイトルになってるんですね。

ディレクターは古川裕也氏のようです。電通の大御所。

他の作品はこんな感じ⇣
あのCMもそうだったの?! 古川裕也の珠玉のCMまとめ。

では、まずはCMをご覧くださいまし。2分ありますが、面白いのであっという間に見終わります。

コピーの書き起こしは下記の通り。

今日も走り続ける。誰だってランナーだ。
時計は止められない。時間は一方向にしか流れない。
後戻りできないマラソンコースだ。

ライバルと競い合いながら、時の流れという一本道を、僕らは走り続ける。
より速く、一歩でも前に、その先に未来があると信じて。
必ずゴールはあると信じて。

人生は、マラソンだ。

人生はマラソンだ01.png

・・・でも、本当にそうか?

人生ってそういうものか?違う。人生はマラソンじゃない。

誰が決めたコースなんだよ。誰が決めたゴールなんだよ。
どこを走ったっていい。
どこへ向かったっていい。
自分だけの道があるんだ。

自分だけの道。そんなものあるのか?分からない。
僕らがまだ出逢ってない世界は、とてつもなく広い。
そうだ、踏み出すんだ。

人生はマラソンだ02.png

悩んで、悩んで。
最後まで走り抜くんだ。
失敗してもいい。寄り道してもいい。
誰かと比べなくていい。
道はひとつじゃない。
ゴールはひとつじゃない。
それは、人間の数だけあるんだ。

すべての人生が、すばらしい。

誰だ、人生をマラソンって言ったのは。

人生はマラソンだ03.png

で、この後「リクルートポイントはじまる。」というコピーでCMは終わり。

いいなーと思ったけどツッコミどころ満載w

持論ですけど、日常のいろんなことにツッコミを入れてみる、というのは思考力や想像力を高める良いトレーニングだと思うので、このCMにもいくつかツッコミを。

リクルートという会社へのツッコミ

このCMの主張は、人生はルートやゴールが決まったマラソンではなく、一人一人の人間にそれぞれの人生があるんだ!(そして、そのいろんな人生のすべてでリクルートポイントがサポートします)というもの。

あれ、でもリクルートって、就活ならリクナビ!、結婚ならゼクシィ、車ならカーセンサーとか、人生のいろんなとこで、これがベストルートだよって言ってきた会社じゃなかったっけ?そんなサービスをやってきたんじゃないの?と思ったわけですw

特に日本の新卒一括採用の大きな流れ、いわゆるルートやゴール、を作り出したんじゃないのか?と(良い悪いは一旦置いといて)。

人生はマラソンじゃない!という主張へのツッコミ

ふと思ったのは、「人生はマラソンじゃない」と言った時点で、マラソンのような人生を否定しているため、「すべての人生が、すばらしい。」という主張と矛盾するな、という点。いちおうCMの中には、そのままマラソンしてゴールにたどり着く人も表現されている(1分44秒あたり)ので、想定はしているんでしょうけど、メッセージとしては矛盾しているなーと。

この辺りは主張を尖らせるために、あえて捨てた部分なんでしょうね。多少矛盾しててもいいや的な。

人生がマラソンだ!なんて誰も言っていなかったときは、「人生ってマラソンみたいだね!」と言うことで、世間の注目が集まるわけだし、逆にそういう考えが浸透している時代には、逆張りで「人生はマラソンか!?」と言えば注目されますもんね。さすが、うまい。

CMをみて思ったこと。「世界に一つだけの花」

あとCMから思ったことは、主張があるものに似ているなということ。それは、僕の中では「世界に一つだけの花」でした。作詞作曲が槇原敬之の、SMAPのヒット曲です。

主張が、歌詞を抜粋すると、「そうさ僕らは世界に一つだけの花。一人一人違う種を持つ。その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい。小さな花や大きな花。一つとして同じものはないから、NO.1にならなくていい。もともと特別なONLY ONE。」ですからね。上記リクルートのCMと非常によく似ています。

ちなみに、世界に一つだけの花の発売は2003年です。そして、今回のCMは2014年。この2つの主張の間の年数は11年です。

十二支や星座が12あるように、12年で世の中が一巡りするっていう12年周期説みたいなのはよくあるんですけど・・・

今回の「リクルートCM」と「世界に一つだけの花」との間も11年(約12年としましょうw)なので、周期的に同じ主張が世の中に発信されているのかもしれないですね。計らずも。

じゃあ、さらに12年前の1990年ごろはどうだったのか!?とか調べてみたら面白いかもと思いました。

では、また!

3e37db9ee3c3b1d556dbdc42fbc6b335.png

シェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

164

こんにちは!164マーケティングの164です。
人材開発/組織開発/心理学(NLPなど)/脳科学/ファシリテーション/Webマーケティング/ゲーム/漫画/バスケ/芸能ネタなど好奇心のおもむくままに書いております。