マインドフルネスの向上のためJINS MEMEを買ったので、開封し、使ってみた

日々のマインドフルネス瞑想の効果を最大化するために、データを残してフィードバックループを回そうと思い、とうとう購入してしまいました。JINS MEMEを。

まだ届いて1日ですが、セッティングや装着した感じをメモしておきます。

JINS MEMEとは

JINS MEMEとは、PCメガネで有名になったアイウェア(メガネ)の製造販売会社JINSの新しいチャレンジ製品です。

Webサイトのコンセプトというページには以下のことが書いてありました。

目の前のものを見るメガネから、カラダの内側を知るメガネへと進化したのが JINS MEME。

視界の内側にある健康状態を、運動の記録を、ココロの動きを映し出し、自分自身を深く知ることを助けます。

メガネ本来の、医療器具という役割を見つめ直し、ココロとカラダをもっと健やかにするアイウエアへ

JINS MEMEから、メガネの概念が切り替わります。

「見るから、知るへ。」、、、カッコイイコンセプトだなぁ。

要は、センサー機能付きメガネですね。

JINS MEMEの機能とセンシング技術

大きく2つあります。

1つは、まばたきや視線移動を検知し、「集中」「活力」「落ち着き」の度合いを示してくれる3点式眼電位センサー

人の知覚にとって視覚は非常に大きな影響を持っているので、その眼の状態を測ることでココロの状態を明らかにしようという考え方ですね。

もう一つは、JINS MEMEを装着する頭部の移動や回転を検知して示してくれる加速度×角速度(ジャイロ)の6軸センサーです。

詳細はこちら → ES | PRODUCTS | JINS MEME

開封の儀と装着した感想

オンラインで購入して、1週間くらいで届いたのでベタに開封の儀。

JINSMEME2

箱。デザインかっこいい。

JINSMEME1

中身。箱の底に説明書が入ってた。

JINSMEME3

本体。一見普通のメガネです。しかし、この中にテクノロジーがつまっている!

まぁ、Webサイトに詳しく載ってるので、そっちを見てもらえばいいとして、、、メガネにコード差し込んで充電するという経験は、当たり前ですけど初めてで、おもしろい経験でした。

レンズはいろいろ選べるのですが、僕は度付きでもなく、パソコン用でもなく、ただのクリアレンズを選びました。

今までずっと使っているJINSのPCメガネとほとんど形も付け心地も変わらないので、あまり違和感なく(といってもちょっと最初はあったけど)装着していられる感じでしたね。

重さも「重くなったなー」と感じるほどではなかったです。

JINS MEMEで何ができるのか

このJINS MEMEと専用アプリを使って、JINS社は以下のような役立て方を提案しています。

ランニング、体幹トレーニング等の運動系

主に6軸センサーの機能を活用する系ですね。

例えば、JINS MEME RUNというアプリでは、ランニングの際のフォームのブレや着地強度などを計測し、フィードバックしてくれるみたいです(まだ使っていない)。

そして、その結果を元に、JINS MEME TAIKANというアプリと連動し、体幹トレーニングの強化ポイントなども示してくれるそうです。

瞑想のサポートや集中力計測などのココロ系

主に眼電位センサーを使う系です(6軸センサーももちろん使います)。

例えば、集中力を可視化する際には、まばたきの強度や頻度・眼球運動・頭部の動きなどを検知してスマホの画面にリアルタイムで表示してくれます。

JINSMEME4

(引用:https://jins-meme.com/ja/office/)

詳細はこちら → JINS MEME OFFICE | JINS MEME

また、瞑想トレーニングのアプリも用意されていて、集中力や創造性などの強化もできるようになっています。

眼電位センサーを通じて、自律神経の変化を反映するといわれる眼の動きを捕捉し、ココロの状態を明らかにできるという考え方です。

東大医学部からハーバードの大学院を修了した、予防医学、行動科学、統計解析、マインドフルネスなどの専門分野をもつ石川善樹博士がアプリ監修をしていて、背景の理論やロジックもしっかりしてそうです。

他にも、ドライブ中の眠気を察知し、アラートを出すようなアプリもありました。

ちょっと使ってみて思ったこと

いくつかのアプリを使ってみたのですが、やはり数値データとしてフィードバックがあると、(そのデータの検知精度や背景理論の信頼性が高いのは大前提ですが)それを起点にどう変化させていくかを考えられるので、前進している感(成長している感)をコントロールできる感覚を持てるのは良いなと思いました。

データやそのフィードバックを活かすってやっぱり大事だなと。

個人的には普段やっているマインドフルネス瞑想のスキルを向上させていくために購入したので、毎日計測してフィードバックを得つつ、トレーニングの効果を最大化させていきたいと思います。

では、また!