ダークソウル3はユーダイモニア的な幸福感があるから面白いのか!(ポジティブ心理学的に)

ダークソウルというゲームの最新作「ダークソウル3」を購入して遊んでます。このシリーズのゲームは始めて買ってみましたがとても面白い。アクション下手なので死にまくってますが、その失敗を超える達成感があります。

ポジティブ心理学的に言うと、ユーダイモニア的な幸福感の方です。

ダークソウル3とは

DARK SOULS Ⅲ(ダークソウルⅢ)は、2016年3月24日にフロムソフトウェア社から発売されたアクションRPGです。

PlayStation4、Xbox One、Windowsで遊ぶことができます。僕はPS4のを買いました。

いわゆる死にゲーと呼ばれるジャンルで、高難易度のアクションRPGと言われています。

「DARK SOULS Ⅲ」は、滅びゆく終末の世界を舞台に、ダンジョン探索の緊張感、敵と遭遇した時の恐怖、新しい発見による喜びなど、RPGが本来持っている根本的な面白さと、高い達成感につながるゲームデザインを追求したアクションRPGです。

と公式サイト(DARK SOULS Ⅲ Official Web Site)には書いてありましたが、、、まさにその通り。

綺麗で広いマップで探索感が半端じゃないし、いきなり出てくる的にびっくりしたり、おお!こんな道があるのかという発見があったり、ボスを倒したときの爽やかな達成感を感じながらプレイできています。

アクションが下手な僕は何度も死にまくり、でも、それでも続けてしまう中毒性もあります。

高難易度ということで今までプレイするのを避けていましたが、いやー、損してた。笑

トレーラー動画はこちらです。

(オンラインプレイはまだやってないですが)かなりやり込めるゲームなので、時間考えないとやり過ぎてしまうのが恐ろしい……。

マップが知りたいので評判の良い攻略本を買おうかなー。

ダークソウル3とポジティブ心理学

ふと、このダークソウル3にハマった理由を考えてたときに、ポジティブ心理学で学んだ2つの幸福感の話が思い出されました。

ヘドニアとユーダイモニア!2つの幸福感(ポジティブ)について」で書いたとおり、ポジティブ(幸福感)には2種類あるそうです。

五感を通した心地よさ、喜び、楽しさ、などの刹那的、感覚的な幸福・快楽の「ヘドニア」と、意義ある目標に向かって努力を重ねる行動と、困難を乗り越えるときの充実感から発生する幸福感の「ユーダイモニア」です。

同じエンタメ属性でも、映画や音楽などはヘドニア的ですが、ゲームというのはユーダイモニア的なのかなと考えてみました。すべてのゲームがそうではないと思いますが、何かを達成するためにプレイするもんだよなと。

特に、高難易度のアクションRPGである「ダークソウル3」は、その要素が強いのかもしれないと思います。

だから、ハマったんだろうなと。

個人的に、仕事もそうなんですが、ゲーム好きな理由も、ユーダイモニア的な幸福感を重視する性格があるからなのかなーと考えが深まってみたりしました。ダークソウル3というゲームをしてただけなのに笑。

引き続き、楽しんでプレイしようと思います。

では、また!