FeedlyがGoogleリーダーの代替えに最適な3つの理由

 

Googleリーダーが終わる!

Googleリーダーがサービス終了というニュースは衝撃でした。

RSSフィードを沢山登録して、日々のニュースやWebの最新情報などはGoogleリーダーを通して仕入れていましたから。

7月にサービス終了するというニュースを見て、すぐに、代替えのサービスを探し始めましたね。

 

で、見つけたのが「Feedly」

 

もう今は完全に切り替え済みで、このサービスを使って日々情報を仕入れています。快適です。

 

なぜ、Feedlyなのか。

ではなぜ、僕がGoogleリーダーの代替えサービスとしてFeedlyを選んだのか。ベタかもしれないですけど(笑)、理由は3つありました。

 

理由1:簡単だから

今までに大量のRSSフィードを登録していたので、ゼロから新しいサービスに移行させるのは、ほんとに手間だなーと思ってました。

なので、簡単にサービス移行できるサービスを探していました。

Feedlyはその点、非常に「簡単」でした。

Googleリーダーを使うために必要なアカウントをFeedlyに登録するだけで、すべての登録情報を自動で移行してくれます。

これはまず、僕の怠慢な(笑)ニーズを満たしてくれました。

 

理由2:マルチデバイスだったから

2つ目の理由はこれです。マルチデバイスだったから。

自分の情報収集のタイミングを考えると、結構いろんなデバイスを使っていることに改めて気づきました。

移動中のスキマ時間にiPhoneでGoogleリーダーを読んだり、PCがあるときは大きな画面で一気に読んだり、ですね。

情報収集は毎日のことなのですが、沢山の情報をインプットしようとすると時間がかかるので、「読みたいときに読める」という環境づくりが重要でした。

でも、Feedlyだとそれが可能でした。iOSアプリはあるし、Web上でPCでも閲覧可能です。これが良い点でしたねー。

 

理由3:クール & 使いやすい

最後の理由は、単純で、クールだったから、笑。

マガジン表示とかGoogleリーダーには無かったし、色もカラフルでなんかカッコイイ。

また、それだけじゃなくて、実用的にもクールなんです。

iPhoneで読むときには、ページの切り替えがスムーズで読みやすいし、(スライドするんじゃなくて、ページ毎に一瞬で切り替わるんです。※スタックって言うのかな?)

ダブルクリックで記事を閉じる設定ができたり、情報を読むスピードが以前より上がった気がします。

Webサイトにもすぐ繋がるし、いちいちSafari開かなくてもよいこともGood。

もう一つ付け加えるとすると、Feedlyは対応がめちゃくちゃ早かったですね。Googleリーダー終了のニュースの次の日にはプロモーションを相当やってたような記憶があります。スピード対応、大事ですねw

 

とまあ、こんな理由で、僕はGoogleリーダーからFeedlyに移行しました。

 

ちなみに、あるWebサイトの調査によると、Googleリーダーからの代替えサービスとしては、Feedlyが65%という圧倒的なNO.1だったようです。

無料ですしね、笑。

 

では、また!