Twitterの実態をちょっと知ったのでメモしておく

ちょっと古い記事ですが、Twitterの実態がよく分かるものがあったので、メモがてらまとめておきます。全アカウントのうちまともに使われているのが13%って、多いのか、少ないのか、どっちなんだい!?(なかやまきんに君風)こんにちは、164(@next164)です。

Twitterの現状と実態

アメリカのWall Street Journal誌が、TwitterのアカウントアクティビティなどをモニタリングしているTwopchartsの結果をもとに、Twitterの9億7,400万ものアカウントの現状をまとめて報じていたようです。

その調査によると、例えば以下の様なことが分かっています。

  1. アカウントの44%は一度もツイートしていない。
  2. 1〜10ツイートだけのユーザーは3割。
  3. 100以上のツイートをしているアカウントは13%のみ。
  4. 上記13%の中にはスパムのようなものも含まれる。

4を踏まえると、まともに使っているのは13%よりさらに少ないということになってしまいますね。

Twitterは情報発信ツール?収集ツール?

Twitterは気軽につぶやける(発信できる)ところが一つの特徴だと思うので、情報発信に使う人はもちろんですが、逆に情報収集に使う人もいるようです。

僕の周りにも、Twitterは情報「収集」ツールとして使っている人が結構いて、有識者や興味があることにフォローして、あとはひたすら見る(読む)だけという人結構います。

そう考えると、上記の1〜3もTwitterをまともに使っているということもできるのかもしれないです。

ただ、Wall Street Journal誌によると、Twitterの今後の広告収益拡大を考えると、もっとツイートが行われるようになることが必要であろう、と言われてました。

以上、メモ完了。

おまけ

ちなみに、つい最近(4月22日)から、TwitterがFacebookみたいになってましたね。

Web版のTwitterのプロフィール画面がリニューアルされて、ほんとにFacebookっぽい。パクリもここまでやるといさぎよし笑。順次変わっていくみたいですが、僕も新しいのにしてみました。

Mini1398469233

では、また!

追記(4/27):

ある調査研究で、Twitterで反応の良い(リツイートされたりする)文字数って、100文字だとわかったらしいです。ちなみにFacebookだと40文字らしいです。Facebookの方が短いって面白い。

 

シェアお願いします!