SHOHEI(大友昇平)が父・大友克洋のAKIRAを超えた?とウワサの動画

「AKIRA」とか「スチームボーイ」とかの作者、超大御所漫画家の大友克洋さん。この方の息子が最近話題です。

同じ漫画家、というか、イラストレーターをやっています。

名前はSHOHEIこと、大友昇平さん。

マジックや万年筆のみを使う作風が有名らしいです。↑の絵みたいなやつ。海外でも高い評価を得ているんだとか。

親子そろってすごいですねー。

最近話題だったのがこの動画

PILOTの新作万年筆「ジャスタス」のプロモーション用の動画で、SHOHEI(大友昇平)さんが絵を書いているというもの。

この万年筆は 発明だ

「この万年筆は、発明だ。」のキャッチコピーで売りだされたこの万年筆は、

硬めか。軟らかめか。

ペン先の硬さを自由に調整できる。というところが特徴らしいです。

で、

「ある絵」を、この万年筆「ジャスタス」を使ってSHOHEIさんに書いてもらうっていうのが、話題の動画の内容です。

万年筆一本で、こんな絵がかけるなんてスゴイ!

と単純に感心してしまいました・・・。

それでは、ご覧ください。

すごいですねー。これを描くのに21時間を費やしたそうです。集中力がハンパじゃないですね。

 

・・・ちなみに、この絵の人誰?

って思った方もいると思うので調べてみたところ、おそらくモーツァルトですね。この人。

音楽に乗せて、その作曲家であるモーツァルトを、オリジナルの観点で独創的な描いちゃいましたーって感じでしょうか笑。

SHOHEIはオヤジ越えできたのか!?

細かい絵のタッチとかが、素人目ながら、父・大友克洋に似ているような気がします。

間違いなく大きな影響を父から受けているでしょうから、ある意味仕方のないことだと思います。

↓このWebサイトで、作品を見てみると、刺青とか着物とか日本色を強く感じて、父親が未来色が強かった印象とはすこし違いました。

HAKUCHI.jp
SHOHEIさんのWebサイト(更新ストップ済だけど・・・)

父とは違う、独自色を出そうとしているんでしょうか。

上記Webサイトには、大友克洋さんとは、テーマが違い、かつ、絵の精密さは、SHOHEIさんの方が上なのかな?と思うくらいすごいイラストが沢山ありました。

オヤジ越え、完了か!?笑。

まぁ、とにかく、どっちが勝ち負けなく、ご両人とも今後もすばらしい作品を創ってもらいたいものです。とにかくすごい能力だから。(・・・なんちゅう中途半端なまとめだ、笑。)

では、また!

 

ABOUTこの記事をかいた人

164

こんにちは!164マーケティングの164です。
人材開発/組織開発/心理学(NLPなど)/脳科学/ファシリテーション/Webマーケティング/ゲーム/漫画/バスケ/芸能ネタなど好奇心のおもむくままに書いております。