ジョジョの奇妙な話ッ!荒木飛呂彦先生は50歳なのに25歳だった件

「ジョジョの奇妙な冒険」という僕が大好きなマンガにまつわる奇妙な話です。作者の荒木飛呂彦先生は見た目が若い、いや、若すぎるとずっと言われてきましたが、テクノロジーによってそれを確かめてみた人がいました。その結果・・・こんにちは、164(@next164)です。

荒木飛呂彦先生はスタンド使いではないのか

漫画家・荒木飛呂彦先生は1960年生まれの53歳。

見た目が若いので、やれスタンド使いだ、吸血鬼だ、波紋使いだ、などといろいろ言われてきました。

それを確かめて見るために、画像の自動認識機能を使って、年齢を判定してもらおうとしたわけです。

※利用したWebサービスはこちら:ReKognition

その結果、なんと、

Mini1401519951

25.83歳だったようです!

約半分の年齢です。若さをテクノロジーが証明してしまった。すげー!!笑

どうやったらこうなれるんだろうか。もしかしてほんとに・・・w

詳細:@JOJO ~ジョジョの奇妙なニュース~

では、また!