『カイジ2~人生奪回ゲーム~』をみて思ったこと

kaiji2

 

『カイジ2~人生奪回ゲーム~』

日本テレビの金曜ロードSHOWで、今日は『カイジ2~人生奪回ゲーム~』を放送してました。

『カイジ1』の方は、これもテレビで見たことがあって、なかなか良かった記憶があったので、このカイジ2もなんとなく面白いかな〜と思って観てしまいました。

・・・うーん、思いのほか面白かったです。

なんかドキドキしましたね。

人間命をかけたギャンブルのときは、あんな状態になるんでしょうかね。。。

伊勢谷友介の狂気の演技も、藤原竜也の暑っ苦しい演技も、生瀬さんの笑える演技と、香川照之の安定した演技で、うまくバランスが取れてたような気がします。

吉高由里子の演技もまあまあ。でもちょっと滑舌わるいよな・・・笑。

まぁ、やっぱりどうしても気になってしまう、藤原竜也の演技よりはマシだけど。舞台メインの俳優だからか分からないですけど、ちょっとオーバーなんですよね〜。

 

映画を観て思ったこと

ストーリーの中で伝えようとしていたメッセージはおそらく、こんなことなんじゃないでしょうかね。

  • 人を押しのけてでも勝つのは間違っている。
  • 人を信じることの大事さ。信頼関係の大事さ。
  • どんな困難でもあきらめずに立ち向かうこと。

などなど。

最後に利根川(香川)が 、「いいだろカイジ、お前は仲間がいるんだから」と言ったのが印象的でした。

映画になると、原作の漫画よりもストーリーが増えるので、より深さが増してました。

(映画によっては劣化するものもありますが・・・)これは、まぁまぁおもしろかったぜぃー!